<< 12月だけどセプテンバー! | main | パンを焼く〜♪ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
「春眠り世田谷」を観た

なんだか最近風邪気味だわ〜・・・ということで、週末はおとなしくおウチで映画鑑賞としけこみます。
風邪なんだか、月のモノの前触れなんだか、よくわかんないけど
とりあえず風邪薬だけは飲んでます。
お陰で眠いっす。

というわけで久々にツタヤさんへ。

これ前から気になってた映画なんですよ。
東京感のある映画ってもともと好きで。東京好きだからね。
んで大好きな大森南朋さんが出てる。
パッケージの裏を読んでみたら、ミニシアター臭プンプン!
でもこういうのって、当たり外れデカイんだよね。
自己満もいいとこな作品あったりして、そういうのに当たっちゃうとものっそい損した気分になるのでw


こんな感じのお話。

彼女と同棲しているコウタ(南朋さん)が、『映画を撮りたい』という理由で会社を突然辞めてしまう。
でも会社を辞めて、結局だらだらしているだけ。
そもそもどんな映画を撮りたいのか、
自分は何がしたいのか、
ていうか自分て、人間て、なんのために生きてんだ?
という、30歳にして中二病的悩みを抱えている。
ところがある日、友達の彼女が妊娠したと聞き、部屋に遊びに行って
もうじき生まれそうなお腹に触れたとき、コウタはある行動に出る・・・。

てとこですか。

これはミニシアターというより、もはやB級映画でしたねwww
BGMがなく、『素人が撮ったの?』って言いたくなるような、独特のカメラワークです。
映画サークルの学生さんが撮ったみたいな。
音は登場人物のセリフや周囲の音と、あとカメラの回っている機械音だけ。
コウタもいい年して無職だし、空気読めないし、20代で考えつくしたようなことで悩んでるし
ホント今時のヒキニートみたいなダメ人間で。
こんな彼氏やだ〜って思うんだけど・・・
なんかわかる!!って思っちゃう。
なんだろうね、たぶん頭のすみっこで思ってはいるけど、
考えてもどうしょもなくて、だから考えないようにしてること、
そういうことにまっすぐぶち当たってしまっただけなんだろうなあ、コウタは。
なんて感じました。

生きてる意味なんてないと思うけどなあ。

まぁ生まれちゃったし、死なないからとりあえず。的な。
てかこんなこと考えたって答えでないよね。
意味があろーがなかろーが、ごはん食わなきゃなんないし、
寝なきゃなんないし、
キレイにしなきゃなんないし、
仕事しなきゃなんないし、
趣味もやらなきゃなんないし。
ただそれだけ。

だと思っているんですけどねー。


なんか映画の感想から人生観みたいのに飛躍してしまいましたがw

これは面白いか面白くないか?
そう聞かれると、答えは
面白い
んです。
映画っていうほど映画じゃないんですよ、これ。
失礼だけど。
だってホントただのVTRみたいなんだもん。
なのになんかするするっと80分、ちゃんと頭に入ってくる。
ちゃんと意味が解る。ちゃんと共感できる。
きっと南朋さんの顔芝居がいいんだろな〜。しゃべりとか。
ユルさ全開なハズなんだけど、ちゃんと起承転結がある。
最近ユル系映画多いけど、『で?』みたいなのも多いじゃない。
せめてテーマくらいはっきりみせてよ、みたいなw
これはちゃんとあると思います。

いやーなんとなく面白かった。
インディーズっぽいやつで、面白いと思ったの
「おそいひと」以来かも。
あれはかなりの衝撃作だけどね。

借りてきて良かったです。
これの前に観た「幸せになるためのイタリア語講座」が本気でつまんなかったので(一時間で挫折した)。
実験的なの観たい人や、南朋さんファンは機会があったらどーぞ。

| 映画 | 01:31 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 01:31 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

ついったー始めました☆

http://twitter.com/mamekinoco

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH